NEQAS OCEAN

コットン由来のセルロース複合材料
海洋分解性も有する生分解材料

  • コットン由来のセルロース材、酢酸セルロースを使用
  • コンポスト、土中はもちろん、海洋での分解も期待されている
  • 石油由来PP、PEと同等の機械物性を有する
  • 従来の生分解性プラスチックに比べてk、加工性は大幅に向上
NEQAS OCESANペレット

NEQAS OCEANペレット

当社技術を用い、様々な可塑剤と酢酸セルロースをコンパウンドすることにより、射出成型はもちろん、押出、ブロー、インフレーション成形等に対応可能なグレードをラインナップしています。

酢酸セルロースとは?

酢酸セルロースは、環境保全に配慮された森林から生産された木材やコットンリンター(綿花採取後の産毛状繊維)から得られたセルロースと食酢の主成分の酢酸から作られる人と環境に優しい素材です。
プラスチック材料と同様に加工することが可能で、様々な用途に使われています。
使用後は、水と微生物の働きで自然に還ります。
※株式会社ダイセル、ホームページより引用

物性表

現在各種開発中にて、詳細についてはお問い合わせよりご連絡お願い致します。

生分解性について

土壌での分解性について

一般社団法人 化学物質評価研究機構によるJIS K6955 土壌分解テスト

土壌分解テスト
JIS K6955:2017 生分解度試験【試験期間272日間(2020.7.7〜2021.4.5)経過報告】

海洋分解性のメカニズム

加水分解+アルカリ分 海水はPH8-9
酢酸とセルロースに分解
酢酸とセルロースに分解
低分子化
低分子化
微生物が分解
微生物が分解
CO2と水へ
CO2と水へ

※現在第三者機関にて材料での分解特性を確認作業中

グリーンマーク バイオマスマークについて

日本バイオマスプラスチック協会(JBPA)のグリーンプラ、バイオマスプラ認定取得済

グリーンプラのロゴ

P/L番号
OCN100E:C00699
OCN20C :C00700
OCN30T :C00701

バイオマスマーク

P/L番号
OCN100E:C00240 バイオマス度36.2%
OCN30T :C00701 バイオマス度27.1%

製品一覧

CONTACT

何かご質問等あれば、お気軽にお問い合わせください。